石川は金沢の近江町市場で高級鮮魚一筋の忠村水産。高級料亭御用達の鮮魚をご家庭で

■ 料亭から家庭まで、魚は「忠村」

キトキト(新鮮を意味する方言)の海の幸をたっぷりと揃え、一日中、元気な掛け声がとびかう近江町市場。百万石の味どころとして、料亭から家庭まで、金沢の食生活を一手に引き受けています。

なかでも『旬の美味しさを直送する』をモットーとする忠村水産は、とにかく新鮮、品物がいい、とうれしい評価をいただいております。
お蔭さまで創業以来のごひいきも多く、お客様のほとんどが顔なじみ。
業務部(卸担当)は料亭、割烹、レストランからの注文仕込みで活気にあふれ、小売部はご家庭の奥さん方にまじって観光客も多く、魚の説明や調理方法などのやりとりで賑わいます。

日本海の旬の美味しさや珍味をいろいろに詰め合わせた、忠村水産の商品は全国各地へのお土産や贈り物として多くの方に喜ばれております。

業務部(卸)
板前さん達が訪れ、
プロの目で厳しく品物を見極め

小売部(近江町市場内)
1年中、家庭の奥様方や観光客で賑わう

本社外観
1階は業務部が入っている


 会社概要

名 称 株式会社 忠村水産
代 表 忠村 健司
本社所在地 〒920-0905 石川県金沢市上近江町22番3
電話:076-263-5301(代)  FAX:076-232-2178
創業 大正13年4月
資本金 2,000万円
営業所 業務部:本社に同じ
小売部:〒920-0905 石川県金沢市青草町15番地
      TEL:076-232-0333(代)
事業内容 活魚・高級鮮魚・輸入海老各種・冷凍魚・特殊品などの卸・小売
主な納入先 ホテル、旅館、料亭、レストラン、割烹、寿し店、金沢市指定学校給食など



 沿革

大正13年4月 初代忠村喜作、金沢市青草町(現小売店舗)に忠村鮮魚店を開業
昭和38年8月 株式会社忠村商店として法人に改組。資本金100万円
代表取締役社長に忠村 喜吉、就任
昭和47年11月 卸部、小売部に分割のうえ、卸部を金沢市十間町に移転
昭和48年8月 創業50周年および法人10周年記念式典を開催
昭和50年7月 金沢名鉄丸越百貨店地階に名鉄丸越小売部を開設
昭和53年4月 本社・卸部を現在地に移転
昭和53年4月 株式会社忠村水産に社名変更
昭和56年5月 金沢名鉄丸越小売部を閉鎖
昭和59年6月 創業60周年記念式典を開催(金沢スカイホテル)
平成7年3月 創業70周年記念式典を開催(粟津温泉 法師)
平成7年8月 代表取締役社長に忠村健司、就任
平成11年7月 創業75周年記念式典を開催(粟津温泉 法師)
平成15年12月 代表取締役会長 忠村 喜吉、死去
平成16年 創業80周年を迎える。